//活動の報告//


  はじめてのボランティア講座(第3回)開催      2017年10月6   

                             参加者:38名    会場:鵠沼市民センター

 

       オープンセミナーの2回目は、藤沢市社会福祉協議会の地域支援担当の職員をお

       招きしての講演会でした。前半は池田氏による地域福祉について。市社協の組織や

        施策に対して詳細な説明がありました。後半は伊藤氏のボランティアの基本につい

       て。ボランティア活動を踏み出す人にとって身近で興味深く、今後の講座に繋がって

        いく内容でした。

 


  

はじめてのボランティア講座(第2回)開催      20179月29    会場:高木ふれあい荘

                                                              

 

      「はじめてのボランティア講座」の第2回目として「私たちの町鵠沼を知る」を開催しました。「ささえ」支援会員

   の谷川元保氏に講師をお願いし、鵠沼の歴史から土地、文化の紹介、更に防災についての意識を高めるための説明もあ

   り、新旧の住人どちらにも、新たに我が地域を知る機会となりました。この日は、受講生対象のオープニングセレモニー

   も併せて行われました。

  


 

はじめてのボランティア講座(第1回)開催      201798日  参加者:62名

                             会場:鵠沼市民センター第3談話室

                                                              

       地域の活動やボランティア活動に関心のある方、これから何か地域の活動を始めてみようと考えている方のために企画した

 「はじめてのボランティア講座」。

 

     6回シリーズの第1回は卯尾直孝氏を講師に迎え「セカンドライフの生き方・暮らし方」をテーマにお話しいただきました。

    講座の後半には「地域で“私の生きがい“を何に求めるか」というテーマで、グループごとに受講者同士が情報交換を行いまた。

 



◇支援会員事例研修会開催   2017年7月11日    参加者:35名 

                会 場:鵠沼市民センターホール

 

         ささえ」の支援活動は、理念に基づいて“決め事“を設定することによって、利用者とボランティアの間がスムーズに活動

   できるように心がけています。しかし実際には、支援をしていく中で様々なことにぶつかります。

     今回は、支援活動でのできごとを寸劇によって紹介。「ボランティアの対応はこれでよかったと思うか否か?」を会場の方々

   が答え、それについて意見を出して頂くという企画でした。正解はないものの、普段ボランティアを熱心にしておられる方々か

   らは、貴重な意見も飛び出し、相談員は今後の参考にしていくとのことです。  

 

 


◇ 車いす介助支援研修   2017年6月14・15日   参加者:30名(述べ員数)

             場所:高木ふれあい荘~周辺道路(鵠沼公民館) 

 

 

   「ささえ」では、車いすを使用している利用者さんに買い物や散歩の付き添いを行うことがあります。そこでボランティアの

  方々に、車いす介助の注意点、移乗を伴う操作方法、心得を詳細に研修する機会を設けています。3人ひと組で、誘導をする

  人、押す人、乗る体験を交代で実施。踏切横断から人の多い商店街を通行し、市民センターではスロープやエレベーターの経

  験もします。終了後は、感想や課題を出し合い、今後の支援に繋げて行く予定です。

  

 

       商店街を散策                 踏切を体験



支援会員連絡会(前期)開催  2017年5月23日   参加者:69名  会場:鵠沼市民センターホール

 

  前年度までの事務局長より、活動報告、収支決算報告のあと、平成29年度事業報告等の発表がありました。

  今年度から三宅センター長に交代、新年度運営体制と担当リーダーの新しい顔ぶれが紹介されました

 

 

                               中島センター長お疲れ様でした



 

ふれあいタイムいしがみ オープン

 

20174月12日  参加者42 

 

高齢者の方々がお茶を飲みながらおしゃべりを楽しむふれあいタイムが鵠沼石上にもオープンしました。「ささえ」では3箇所目となります。ご近所から17名の方々が参加、沢山の支援会員の応援もあり、大盛況の初日を迎えました。

 

 



◇ 全体会開催  2017年323日  参加者:130名  会場:鵠沼市民センターホール

  

  年に一度の利用会員・支援会員・賛助会員が一堂に会する集会が行われました。一年間の活動状況の報告のあと、全員参加で「ふれあ

  い」をテーマにした企画がありました。「シルバー川柳」を題材にした伝言ゲームでは、最後の人に伝わった文章が読まれると、会場が

  笑いで包まれました。続いて椅子を輪にして座った人とのレクダンス。昔懐かしい馴染みの歌にあわせ、手を取り合ってのダンスには、

  温かいふれあいの輪が広がりました。最後は今期で退任の中島センター長のご挨拶。初代北島センター長からのバトンを受け、また次

  の世代にそのバトンを上手に渡すパフォーマンスを披露。拍手喝采を受けてお開きとなりました。

 

 



会場風景     
会場風景     

支援会員連絡会(後期)開催  2017年1月24日

   参加者:62名  会 場:鵠沼市民センターホール

  

今年度2回目の、「ささえ」の支援会員だけを対象とした連絡会が開かれました。

   28年度の活動報告の中では、訪問支援より様々な実績が紹介され、配られた「支援会員ボランティ

  アの栞」の説明がありました。その後、3つの新規事業( ①世代や立場を超えた居場所作り 

  ②「初めてのボランティア」講座 ③ふれあいタイム面的拡大)についてのプレゼンテーションが

  ありました。会場からは課題点が投げかけられ、あらためてボランティアの基本に立ち返る機会と

  なりました。

 


◇大掃除     2016年12月8・9日       会 場:高木ふれあい荘および橘市民の家

                        

   8日には、大正時代に建てられ広い庭を有したお屋敷の高木ふれあい荘。続いて9日には、様々な工夫を施した建物として国登録有形文

   化に登録された橘市民の家。其々使用する団体が集まり、年末のすす払いが行われました。どちらも古い建物を大事に活用するため、

   隅々まで丁寧に掃除を行いました。

 

 何時もよりも念入りに(高木ふれあい荘)    隅々もきれいに(橘市民の家)



各グループでの意見交換    
各グループでの意見交換    

◇藤沢市内ボランティアセンター連絡会  2016年11月24日  

       参加者:13団体・市事務局   会 場:明治市民センタ―

 

 

   明治地区ボランティアセンター「むすびて」の主催で開催。藤沢市内にある13団体のボランティア

   センターの代表と市の職員が一堂に会する場となりました。主催側から出された①高齢化につい

   て ②ヒヤッとした時の対応 ③ボランティア活動の範囲 ④各センター事務局体制と役割の、4つ

   の課題をテーマに、其々のグループで情報、意見交換が活発になされました。

 


◇藤沢市社会福祉協議会の「功労賞」を受賞   2016年11月18日   会場:藤沢市民会館

 

 11月18日 第48回藤沢市社会福祉大会が市民会館で開催され、「ささえ」は10年間の活動が評価され藤沢市社会福祉協議会会長よ

 り「功労賞」を受賞しました。

    訪問支援、ふれあい活動をボランティア会員が、地道に続けてきた結果に対して評価を頂いたものと思い、この受賞を励みとしてこれか

   らも1㎝のレベルアップした活動を続けてまいります。

 


                                       「功労賞」表彰状      「ささえ」代表として中島センター長が壇上に


いろいろな体験や活動をお聞きした
いろいろな体験や活動をお聞きした

◇支援会員視察研修会   2016年11月17日    参加者:33名(ささえ)

             会場:横須賀市鴨居みかん自治会

 

 

    「ささえ」の支援会員33名は、自治会ぐるみのボランティア活動の功績が認められて「社会参加

    賞」を受賞した横須賀市鴨居みかん台自治会を訪問。高齢者世帯の困り事の解決の取り組み、

    特に「井戸端会議」では看護師による血圧測定、手作りの軽食を振舞う等、今後の事業展開の参

    考にもなり、良い勉強の機会となりました。

 


◇車いす介助支援研修   2016年11月9・10日   参加者:20名

             場所:鵠沼地区内各所                          

   

   「ささえ」では、車いすを利用している会員の方々に対して、外出時の付き添いができるよう毎年2回、車いす介助研修を行っています。

   今回も2日間にわたり、ボランティアさんたちが、地域周辺の踏切や公民館施設に繰り出し、乗り手の体験を始め、操作、押し方等の習

   得を致しました。述べ20人からの参加者は、研修の結果様々なことを想定しての感想を報告。更に、より良い支援に繋げていきます。

 

 


                                                           曲がり角では慎重に!          踏切りも体験しました


◇公民館まつりで「ささえサロン」  2016年10月15・16日

                       会場:高木ふれあい荘                          

鵠沼公民館まつりでは、高木ふれあい荘で「ささえサロン」を開催しました。

恒例となった極上のお汁粉は今年も100円でたっぷりと提供され、来訪者は、風情のある和室でおしゃべりとともに楽しんでいました。また、自然の草木に囲まれたミニバザーは、今年も会員の皆さんから集められた衣類や雑貨に、次々と地域の方々が訪れ賑わいを見せていました。総勢200人を超える参加者がありました。

 

     ミニバザー風景            恒例となりましたお汁粉



◇綾瀬市寺尾北地区社協の皆様が来訪  2016年9月26日      

                         会場:鵠沼市民センターおよび高木ふれあい荘

綾瀬市寺尾北地区社会福祉協議会の22名の方々が「ささえ」の視察研修のため来訪されました。「ささえ」の概要、訪問支援活動の取り組みなどの説明後、「ふれあいタイム」会場に移動。見学と東日本大震災復興支援ソング”花は咲く”の合唱に参加されよい交流となりました。

      

  活動などの取り組みを説明     「ふれあいタイム」に参加



◇地区敬老会で車いす介助支援  2016年9月13・14日   参加者:18名   

                            会場:藤沢市民会館

  昨年同様地区敬老会に於いて車いすでの移動の介助支援に協力しました。

  13・14日の両日「ささえ」での研修を受けた延18名の支援会員が参加しました。    

    車いすで会場に向かう        車いす支援スタッフ



    ワールドカフェ風景     
    ワールドカフェ風景     

◇支援会員事例研修会開催  2016年7月19日  

   参加者:42名   会 場:鵠沼市民センターホール

     =テーマは、自分がやってみたいボランティアは?=

  テーブルを囲み、楽しくコミュニケーションをとる中でアイディアが生み出される

  という”ワールドカフェ方式” を実施。ホスト役の進行に従い、参加者が大きな紙に

  自由に走り書きをしながら意見を交し合いました。最後に各テーブルごとの発表の

  中には、建設的な具体的活動も飛び出し、会員のボランティアの意欲がうかがわれ

  ました。 

 


会員からの意見     
会員からの意見     

支援会員連絡会(前期)開催  2016年7月7日

   参加者:54名  会 場:鵠沼市民センターホール

    支援会員が集う、前期の連絡会が開催されました。10周年事業を含めた前年度の

   活動報告と28年度の事業計画・予算の説明のあと、”ささえのこれから” のテーマ

   で意見交換を行いました。10周年の記念の集いで出された  ①「ささえ」の支援

   を鵠沼全域に  ②現在の活動を1 セ ンチずつ広げていく     ③行政の福祉施策 

   を見据えての発展の3つの課題について、場に集まった支援会員からは貴重な

   声があがりました。

 

 


◇10周年記念の集い  2016年5月12日   参加者:149名   会場:鵠沼市民センターホール

   「ささえ ささえられて10周年!」  

  5月12日、鵠沼市民センターホールで、開設10周年記念の集いを開設しました。会場は、花で飾られたテーブルが並び、参加

  がそれを囲んで着席するなど、リラックスした茶話会形式を取りました。来賓には藤沢市長はじめ、市社協の方々、他地区ボラ

  ンティアセンターの代表、開設に関係した方々をお招きし、参加者は総勢149名となりました。

  まず、中島センター長より、支援活動の成長や皆さんへの感謝の言葉でスタート。続いてこの10年間の歩みを、朗読や解説

  りの写真スライドで振り返り、「ささえ」誕生秘話や、開設に至るまでの道のり、現在の活動の様子等を「思い出のアルバム」

  と題して紹介しました。手作りの大きな玉手箱から飛び出した「祝十周年」の垂れ幕が会を盛り上げ、最後は事務局長が、これか

  らの「ささえ」についての話で締めくくり、和やかなうちに幕を閉じました

    

  来賓挨拶の藤沢市長      中島センター長のお話       玉手箱を開く《十周年》       10年の歩み       みんなでリラッツクス


◇全体会開催  2016年3月24日   参加者:113名   会場:鵠沼市民センターホール

  ・年に一度、利用会員、支援会員、賛助会員が一同に会した全体会が開催され「ささえ」の活動状況等の報告が行われました。

   中島センター長からは春を告げる挨拶が、北島鵠沼地区社協会長からは「ささえ」が10周年を迎えたことについて等の話があ

   りました。

   「この一年」の活動状況は2台のスクリーンを使っての説明を、また訪問支援リーダーからは、訪問支援の状況について詳細

   説明もありました。

   恒例となっている「交流・ふれあいの場」では、会場の皆さんと手足を動かす頭の体操や、利用会員有志のハーモニカ伴奏で

   全員で合唱をして楽しみました。最後に天井から吊るされた黒い玉手箱を、カウントアップ(1→10)、リボンを引いてオー

   プン。中から風船、色テープ、折り紙、花飾り、そして「祝十周年」の垂れ幕が下りて会場から大きな拍手が湧き起こり、全

   大会を終了しました。

  スクリーン2枚使って(1)     スクリーン2枚使って(2)      手足と頭の体操(1)       手足と頭の体操(2)       玉手箱オープン《十周年》


 

 

❖活動記録(思い出の記録)

-----------------------------------------------------------------------

みんなで歌いました     
みんなで歌いました     

◆NHK復興支援ソング「花は咲く」に挑戦      2015年9月28日

  ・「3.11の大震災を忘れない」復興への祈りを込めて毎回歌っています。今回は2回目の

            応募をしました。

  10月25日(日)NHK総合テレビ、午前10時53分から数秒間ですが放映されました。

◆サテライトたちばな 本格稼働   2015年4月3日

  ・「ささえ」の事務所は鵠沼の南端に位置しています。鵠沼地区内でも遠方の方には、なかなか足を運ぶのが困難でもありま 

   す。そこでかばん一つの事務所としてサテライト事務所を稼働することになりました。入会や利用の説明が身近になる。そ

   の様な場所にしたいと思います。先々地区内の多くの場所でサテライト事務所を機能したいと考えています。

   ”サテライトたちばな”は、鵠沼橘 市民の家に開設しています。